施工ブログ|ピコットはピクチャーレール・姿見の販売から施工・取付までお受けいたします

ピクチャーレール施工ブログ | 姿見施工ブログ

ピクチャーレール用のビス
ピクチャーレールを取り付けするビスは

木工用・軽鉄用・コンクリート用に大別

されます。


加えればボードアンカーもあります。

ぼーどあんかーはGL工法の場合は長さが

10mmをあえて使います。

それ以外は種類が色々ありますが状況世に合わせて

変えていきます。

ビスの間隔(ピッチ)は25~30cmとせばめます。



軽鉄用のビスの切込み(螺旋状)は1mmピッチのものを

使います。

軽量鉄骨の厚みが約1mmですのでビスピッチが

たとえば2mmだとを打ち込んだときゆるゆるで、

く落ち着かないガタガタするからです。


木工用ビスのビスピッチは寸ピッチで、らせんの間隔が

1.5mm位で木の繊維に絡んでいき強固になります。



コンクリート下地の場合コンクリートビスを使います。

特徴としては螺旋状のビスの切込みが高・低と

交互に切り込まれています。

コンクリートは堅いといってもザラついていて意外と

脆いせいです。

コンクリートアンカーを使う手もありますがどうしても

埋め込んだときあたまがコンマ何mmか出っ張ってしまうので

ピクチャーレールとの隙間が出てしまうから使いません。


引っ張り・せん断強度はそれ程変わりがありません。



弊社ではこんな風に下地次第でビスの使い分けをしています。
[PR]
by railmirror | 2014-07-23 18:45 | インテリア
<< ピクチャーレール取付後の様子 廉価版のピクチャーレール >>
Copyright© 2011 picot. All Rights Reserved.