施工ブログ|ピコットはピクチャーレール・姿見の販売から施工・取付までお受けいたします

ピクチャーレール施工ブログ | 姿見施工ブログ

時計の掛け方
ピクチャーレールに時計を

掛けるのは無理があります



レールについているアタッチメント

に時計を掛けようとしても天井に

ぶつかってしまい掛けられません



インテリアハンガー(ワイヤー)を使っての

吊り掛けは端末処理がうまくいきません



絵をワイヤーで吊り掛ける場倍

ワイヤーが長くて絵の下から

ぶらぶら見えてしまうので丸めて

紐でしばり絵の裏に隠します



時計の吊り掛けの場合ワイヤーを

丸めて隠してもどうしても見え隠れ

します



まして透明ガラス製の地形の場倍

ワイヤーはかくしようがありません



そういう場合はボ^ドアンカー(メス)を埋め込み

ビスを頭分だけ浅くうちこんで時計を掛ける場合が

多いです



それ以外のやりかたとしてインテリアフックを

つけるという方法もあります



インテリアの活用小物だけど覚えておくといいですよ
[PR]
by railmirror | 2011-05-21 23:24
<< 【住まいづくり(新築・リフォー... カーテン用の房掛け2 >>
Copyright© 2011 picot. All Rights Reserved.